N'z De-LuX0Rs…だったところ。 放置されて廃墟になったところを再利用する試み
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2012-01-23 Mon
- 武装神姫 バトルマスターズ Mk2@PSP
コナミ産、ジャンル的には対戦ACTなのかな。
フィギュア展開されてるシリーズのPSPゲーム版、Mk2ってタイトルの通り前作とオンラインゲームのバトルロンドってのがあった(ロンドのほうはサービス終了らしい)
前作はやっていないが、どうもMHP2に対するP2Gみたいな感じのキャラと後日談が増えましたよ的ゲーム。

前々からタイトルだけは聞いてて、「ぬるいガンダムvsガンダム」や「ぬるいバーチャロン」みたいな話を聞いていたので多少興味もあり買ってみた。
確かにぬるいバーチャロンっていったらそういえなくもないが、フィギュアと同じでパーツを交換できるって特性上、キャラ毎の差が外見くらい(細かいステータスの差とか技の差は当然あるが)でいまひとつな感じ。
CPU対戦の調整は良いとはいえず、CPUが苦手とする挙動の武器を撃っていれば勝てる。
もちろん普通に戦闘してもいいが、対戦ゲームの常としてCPU相手にやっても面白みが殆どない。
通常形式の戦闘の他に1vs3等の変則試合もあるが、単純に一人にロックしてる間にフリーの仲間が遠距離ミサイル等で釣瓶打ちにしてくるだけなのでストレス以外の何物でもなかった。
パーツ集めもCPU戦闘を作業的に繰り返さないとならないので割と面倒に感じる時もあるが、ここら辺はゲームへののめりこみ度に左右される所のはず。
ネットを介しての対人には手を出していないが、これがあったらまた違うのかもしれない。
あとは特定条件でフリーズしたりするバグがあった上に結構な期間放置されていたとかのゲーム外の要素もかなりマイナスだった。
キャラ毎のストーリーも、やはり神姫シリーズに思い入れがないと特筆すべき感じもなく、当然DLCで追加販売のキャラ等も「買わなくてもいいな」という感じに落ち着く。
良くも悪くも神姫ファン以外は手を出すべきじゃないゲームだった。
わざわざ書くまでもなくそういうゲームだってのはタイトルや雰囲気からわかるので、自業自得なのだが。
別窓 | - game | コメント:0 | top↑
2012-01-23 Mon
- グランナイツヒストリー@PSP
マーベラスエンターテイメントのRPG。 開発はバニラウェア。
ネットゲームのファンタジーアースゼロ(FEZ)にストーリーを持たせてコマンド式戦闘にした感じ。 オンライン対応。
FEZと同じように、ゲーム開始時に所属国家を決め途中での変更は不可能。
オンラインは対人戦闘ではなく、サーバにアップロードされたユーザーユニットがAIコントロールの敵として出てくる形。 イメージ的には一昔前のCGIゲームに近い。
AI行動は設定で大まかな方針程度の設定の他に細かく指示もできる。
オフラインモードはある程度のストーリーがあり、ユニットの育成などもこっちで行う。
オンラインモードは戦闘オンリーで、オフモードで育てたユニットを移行してプレイすることになる。 一度オンラインモードに移行したキャラクターはオフラインモードには戻せない。
オフラインのストーリーは基本的にどの国家所属でも同じ。

戦況はリアルタイムに動くが空いた時間で手軽に貢献できるみたいな感じの謳い文句だったが、戦場エリア内の占領マスによって時間と共に得点が入り、実時間30時間経過の戦争終了時点で得点が多い陣営が勝つというシステムのため、初動が大事かつある程度時間経過した後の巻き返しが不可能のためにマトモに貢献しようとすると貼りつきプレイ必須。
キャラ作成時点でユニットの成長限界が決まり、作った当初で判定するのが難しいため、キャラ作成後にノーセーブでLvカンストさせ、ステータス具合を見て理想的なら改めてリセットし育成しなおすという手順を踏まねばならない。
他にも所属国家によってステータスのボーナスが違ったりと完璧や最強を求める人には色々厳しい仕様。
当然ながら、そんなのをまったく気にしないでもゲームは楽しめるし、オンライン戦闘でも勝ち越すことは可能。

対人戦闘ではないのでギスギス度は低いものの、やはりAI戦闘なので飽きも早い。
オンライン戦争で頑張ってもイマイチ貢献している気分になれない。
戦争に勝つと品揃えが良くなるオンライン商店も、結局のところランダム(というか運営次第)なのでモチベーションが保ちにくい。
1戦争が30時間というのも微妙に長すぎる。
プレイ終了後、暫くしてから冷静になって考えると上記のように粗が目立ってくる。
発売日に購入してプレイしたために自分は楽しめたが、今から買ってプレイするとなると厳しい気もする。

別窓 | - game | コメント:0 | top↑
2012-01-23 Mon
- グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-@PSP
スティングのSRPG。同社のDept. Heaven Episodesシリーズの一つ。
この会社のゲームは少し変わったゲームシステムを積んでる事が多いが、この作品はそこまで尖った変態システムではなくマイルドな方。
具体的にはウェイトターン方式で敵は従来通りのユニット毎、プレイ側のみ任意の味方ユニット1体という形。 あと敵のターン中でも条件を満たせば自分の行動ターンとして割り込むことができる。
プレイ側だけ部隊全員を1ユニットとして扱うので滅茶苦茶不利だと思いきや、プレイすると意外とそうでもなかった。
難易度はNormalとHardの選択が可能で、Normalはクリア後に取得アイテムなどを引き継いでニューゲームができる。
Hardのほうは引継ぎアイテム等一切なしの敵が固くて早い純粋なHardモードという感じ。
エンディングやゲーム進行に差はない。

ゲームシステムと主人公の立ち位置、オーケストラ調のBGMとどうしてもタクティクスオウガを連想してしまう。
基本はウェイトターンのゲームなのでSRPGを有る程度やってる人なら戸惑うことも少ない、慣れてくるとわりと面白いかなとも思うのだが、慣れてきたなと思い始めたあたりでゲームは終わってしまう半端なストーリーが難点。
帝国の宰相を倒し、いよいよ国家の思惑入り乱れた展開か……と思いたいが予想に反してゲームエンド。 記録者といわれる仲間キャラクターの素性や主人公が手に入れた魔槍グングニルの謎とかは解き明かされることもない。
ユニークユニット以外にも汎用ユニットを雇えるが、章毎に雇えるユニットが違っており、フリーバトルもないために後半に雇えるユニットは空気に近い(もちろん基本ステータス等は後半のユニットほど高いのだが)
視点変更してもMAPによっては見難い箇所が出てくるのも×。

システムはそこまで悪くなかった、つまらないわけでもなかった、しかしストーリーが駄目だったっていう典型な感じ。
STiNGのゲームなら無条件で買いくらいの人でないと正直お勧めはできないと思う。
別窓 | - game | コメント:0 | top↑
2011-02-02 Wed
- MonsterHunterPortable 3rd@PSP
カプコンの有名タイトルであるモンハン、携帯機でもすっかりお馴染みに。
ゲームのベースはWiiで出たMH3で、それにPSPのパッケージモンスターが追加されている形。
ベースがMH3だとはいうものの、舞台である村などをはじめとして殆どはPSP独自。
MH3などにあったガンナーポーチをはじめとするシステムのいくつかは採用されなかった
反面、Wiiでは廃止されたいくつかの使用武器が廃止されずに続投し、さらに1種類追加となっている。
シリーズ恒例の壁際の最悪なカメラワークがやっと修正された。

直前作であるMHP2Gと比べると、G級クエストがないので流石に物足りなさを感じる。
3で登場したスキルお守りシステムは悪くはないが、種類が多いため狙った物を引く確率も酷くなるランダム入手にストレスを感じさせる。
プレイ時間の引き伸ばし意外に思えないのは個人的にはマイナス要素。
それ以外は微妙なマイナーチェンジ部はあるが、良くも悪くもモンハンって感じ。
シリーズを毎回やっている人、周りでプレイしている人がいる人向け。
逆に周りに誰もやってる人いない上にシリーズ特にやったことないとかだと微妙だと思う。
別窓 | - game | コメント:0 | top↑
2010-11-30 Tue
- スーパーロボット大戦L@DS
バンダイナムコの有名シリーズ。各種ロボットアニメなどの登場メカがいっぱい出てくるお祭りゲーのあれ。
このシリーズはあんまプレイしないんで同シリーズの他タイトルとの変わり具合などは不明。
ラインバレルやマクロスF、劇場版EVAやガンダムSEEDが出てきて、いわゆる宇宙世紀のガンダムは出てこない。ダンクーガや鋼鉄ジーグも2000年以降に放送されたシリーズであるという、自分が持っていた「俺が生まれる前の作品のロボットとかがいっぱい出てくるよ的イメージ」と対極的な感じだった。
ゲーム的には大味。以前にプレイした魔装機神もそうだったけど、中盤以降は敵の体力や防御力からチマチマやっていられない→各種精神コマンドを駆使して速やかに処理みたいな流れになる。
スパロボに限らずSLGって基本中盤以降は作業になるんで仕方ないところではある。
キャラゲーだから同シリーズが好きな人以外には向いてない。
別窓 | - game | コメント:0 | top↑
BACK | N'z De-LuX0Rs…だったところ。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。